MENU
めっしー
病的なあがり症×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら/全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)修了JADP認定マインドフルネススペシャリスト/JADP認定スポーツメンタルトレーナー

カイザー36のエチュードの練習方法。考えること、意識すること。【ヴァイオリンレッスンメモ】

  • URLをコピーしました!
  • カイザー36のエチュードの練習方法、考えること、意識することについて解説!
  • 著者めっしーが実際にレッスンで教えていただいた内容をまとめています
  • 画像&動画付きでわかりやすくお話ししています。
アマチュアヴァイオリン弾き

カイザー練習するときに、何に注意して練習したらいいか教えてー

本記事ではこんなお悩みにお答えします。

  • 本記事の信頼性
著者めっしーのプロフィール
・アマチュアヴァイオリン奏者、ヴァイオリンは大人から(18才から弾いています)
・プロを輩出している門下で学ぶ(鷲見三郎先生の流れになります)、先生は世界3大オーケストラの元ヴァイオリン奏者
・N響奏者の方や、プロオケ主席奏者の方からレッスンを受けた
・アマオケの2ndヴァイオリンでトップ奏者してた
・今はヴァイオリンがもっと上手くなりたくて、個人レッスンをメインに。パガニーニカプリース、チャイコン弾いてる。
・室内楽をちょこちょこ、ヴィオラも弾いてる
・超ビビり&超あがり症。超ビビりな自分に悩み過ぎて、カウンセリングを受けたことも
・バッハのシャコンヌを発表会で弾いた時、緊張しすぎて、空中分解した経験あり

Twitter(@messi_agarisyo

・大人からヴァイオリンを始めた(18才から)、15年目
・プロ奏者を輩出してる教室に通った
・今、チャイコンとパガニーニのカプリース弾いてる。
・プロのオーケストラのトップ奏者、NHK交響楽団(NHKでよく見るオーケストラ)奏者の方など、日本のトッププロから指導を定期的に受けている
・アマチュアオーケストラで、トップ奏者(会社でいうと部長クラス?)してた

こんにちは、超絶緊張しいヴァイオリニストのめっしーです。

最近スランプで、、、上手くならなくて、、、というお話しを先生にしたら、カイザー弾くといいよと言われた。

で、カイザーを一通りやってみることになって。

この記事では、そのときのレッスンで教えていただいたことをまとめています。

確かにカイザー弾いていると頭と体が整理されていくのを実感してて、初心者向きなんて言われるけど、ちゃーんとよくできた教本で、カイザー弾くと上手くなるようにできてるんだなって思う

ヴァイオリンを始めた方だけじゃなくて、ある程度弾けるようになっても、取り出して復習する価値のある曲集だなって感じる。

めっしー

教えていただいた先生は書籍も出版なさっている方です。
信頼性は高いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はカイザー2周目のレッスンを受けたとき内容になります。
初めてカイザーを弾く、っていう方には少し難しいかも。

*今回レッスンを受けている楽譜は、インターナショナル版になります。

ほかの版だと譜面が若干違うかもです。

読みたい場所をクリック!

カイザー1番

カイザーの1番を弾くときのポイントです。

ヨメ猫

それぞれのポイントを深掘りしていきますね

書いてあることを徹底的に表現する。f、p、クレッシェンド、デクレッシェンド

書いてあることを徹底的に表現する。

めっしー

fフォルテpピアノ、クレッシェンド、デクレッシェンド、全部。

カイザー1番にはたくさん強弱の指定が書いてある。

カイザー1番の楽譜。
強弱記号がたくさん

書いてある強弱を一つ残らず表現する。

fは開放的に、pは緊張して

fフォルテは開放的に、pピアノは緊張して、表現する。

体が緊張すると、楽器の振動を止めちゃうんよね。

だから、体を緊張させると自然とpピアノになるし、

体を開放的に、楽にするとfフォルテが出しやすい。

めっしー

音楽的にも、pの方が緊張感あるしね。

fはコマ寄り、pは指板寄り

fフォルテはコマ寄り、pピアノは指板寄りで弾く。

fはコマ寄り
pは指板寄り

コマ寄りで弾いた方が大きい音が出る、

指板寄りに行くと音は小さくなる。

めっしー

fフォルテはコマよりで開放的に、楽に

ヨメ猫

pピアノは指板よりで緊張して

クレッシェンド、デンクレッシェンドは弾く位置と弓幅で作る

クレッシェンド、デクレッシェンドは弾く位置と弓幅で作る。

クレッシェンドは指板寄りから、だんだんコマ寄りにして、弓幅も増やす。

デクレッシェンドはコマ寄りから指板よりにして、弓幅を減らす。

めっしー

クレッシェンド、デクレッシェンドは極端きょくたんにつける意識で弾こう

音階が続くところは、階段みたいに段階的に音量をアップ

27〜30小節目の音階が続くところ。

カイザー1番の楽譜。
27〜30小節目

ここは、階段みたいに段階的に音量をアップ。

段階的に音量アップ
一つ目より二つ目、二つ目より三つ目を大きく
めっしー

1回目の音階より、2回目の音階の方がより大きい音

ヨメ猫

2回目の音階より、3回目の音階の方が大きい音で弾きます。

ffはヴィブラートもつけて

ffフォルテッシモはヴィブラートをつけて弾きます。

最後から4小節間は、ffフォルテッシモが書いてある。

カイザー1番の楽譜。
最後から4小節間をピックアップ

ffフォルテッシモは全部の音にヴィブラートをつけて弾く気持ちで。

ffはすべての音にヴィブラートをつけて弾く気持ちで

ffフォルテッシモって、右手の圧力とか、弓幅とか、そういうテクニックじゃ出せない。

めっしー

音色で出す必要がある

音一つ一つにヴィブラートを激しくかけて、ffフォルテッシモの音色を作っていきます。

カイザー2番

カイザー2番を弾くときのポイントです。

ヨメ猫

それぞれ深掘りしていきますね

クレッシェンド、デクレッシェンドは弾く場所、弓幅、ヴィブラートでつける。

クレッシェンド、デクレッシェンドは弾く場所、弓幅、ヴィブラートでつける。

クレッシェンドは最初は指板寄り、ゆっくりの弓、ヴィブラートなしでスタート。

めっしー

クレッシェンドの出だしのゆっくり弓は、右手じゃなくて楽器を動かして作ると上手うまくいきます

だんだん、コマよりに行って、弓を使う幅を大きくして、ヴィブラートをかけていく。

クレッシェンドは
・だんだん駒より
・弓を使っていく
・ヴィブラートだんだん強く

デクレッシェンドは、コマから少しずつ指板へ弾く場所を変えて行く。

弓幅も小さくしていって、ヴィブラートの量も減らしていきます。

デクレッシェンドは
・だんだん指板へ
・弓幅少なく
・ヴィブラートもだんだん少なく

sfはヴィブラートをかけて

10小節目のsfスフォルツァンドはヴィブラートで表現。

sfはヴィブラートで表現
めっしー

ヴィブラート激しく。

アクセントもヴィブラートで表現

11小節目のアクセントも、一つ一つヴィブラートで表現してください

アクセント1つ1つにヴィブラート

ファの音程が高くならないように注意

最後から4小節目のファの音程。高くなりやすいので注意。

音程高くならないように

4の指でミを弾いて、1でファを弾くと、4の指に手が引っ張られてファが高くなりやすい。

4の指に引っ張られて、1の指が高くなりがち

カイザー3番

カイザー3番を弾くときのポイントです。

ヨメ猫

ポイントを深掘りしますね

一音一音アクセントをつけて。マルテレの練習曲です。

カイザーの3番は一音いちおん、一音アクセントをつけて弾きます。

いわゆマルテレ奏法というやつです。

弓を弦おいて、準備してから、ポンって開放する感じですね。

fは開放的に、pは緊張感を持って

カイザー1番でもお話ししましたが、

fフォルテは開放的に、pピアノは体を緊張させて弾く。

めっしー

緊張すると楽器の振動が止まります。

楽に、開放的に弾けば楽器が鳴ってfフォルテになるし、緊張すれば自然とpピアノになります。

fは長く、pは短く

音の長さなんだけど、

fフォルテは長く、pピアノは短めの意識で。

とくに八部音符の話で、八分音符を弾くときにfフォルテは長め、pピアノは短めな意識を持っておく

pの八分音音符は短め、
fの八分音符は長め

fフォルテの方がエネルギーがあるから、エネルギー分、音の長さは長くなるし、

pピアノの方がエネルギーが小さいから、音が短くなる、そんなイメージかな。

すぐp、すぐf。楽譜通りに

楽譜にいきなりpピアノが書いてあったり、いきなりfフォルテが書いてあったりする。

すぐp、すぐf
ヨメ猫

ぜーんぶ表現しましょう。

すぐpピアノに落として、すぐfフォルテで楽に、たっぷり弾いて、ですね。

カイザー 4番

カイザー 4番を弾くときのポイントです。

カイザー 4番は指を開く練習

カイザー 4番は指を開く練習です。

例えば、3と4の指を開く練習ができます。

3と4の指を開く練習
指のストレッチ
めっしー

ストレッチ系のエチュード

開放弦としっかり音程を合わせる

開放弦としっかり音程を合わせる

ソ、レ、ラ、ミが出てきたとき、響きを聞いたり、開放弦と一緒に弾いて合っているか確認する

例えば、4の指を伸ばして、ラ、ドを弾く場面

開放弦としっかり合わせて

ラの音が開放弦と合っているか、響きを聞いたり、開放弦と一緒に弾いたりして確認する

ヨメ猫

開放弦と音程が合うと、響きが豊かになるね

めっしー

なかなか全部の音程を開放弦とピッタリ合わせるのは、、大変

アクセントを楽譜通りに入れる

アクセントは楽譜通り入れる

カイザー 4番にアクセントが書いてあるんだけど、アクセントはちゃんと入れる

アクセント、ちゃんと入れる

アクセントを入れると指が開きやすい。

ヨメ猫

指をたくさん開かなくちゃいけないポイントにアクセントがついてるね

めっしー

曲を弾くときでも、指を開かなくちゃいけないときに、ほんのちょっとアクセントを入れるとひきやすくなったりする

E線のファとラの音程注意

E線のファとラの音程は要注意ポイント

音程、要チェック

ファは3の指に引っ張られてうわずりやすいし、

ラは1の指のファに引っ張られて、音程が低くなりがち。

ラは開放弦と合っているか、いつもよーく聴く、

ファも音程が高くなっていないか、よーく聴かないといけない。

ヨメ猫

ボーッと弾いてると、すぐ音程が不安定になっちゃう

めっしー

集中してよーく自分の音を聴こう

カイザー 5番

カイザー 5番を弾くときのポイントです。

カイザー 5番はマルテレの練習

カイザー 5番はマルテレの練習曲

弦をつかんで、圧力をかける。かけた圧力をポンって解放してあげる感じで弾く。

ヨメ猫

カイザーの3番でもマルテレ練習したね

fはコマ寄りで、密度の高い音で

fフォルテはコマ寄りで、密度の高い音で弾く。

fはコマ寄り

マルテレは早い弓で、コマ寄りに行きすぎると、音がかすれちゃう

圧力とのバランスをとりながら、できるだけコマ寄りで弾くようにしよう

ffと書いてあるところは、音程の要チェックポイント

ffフォルテッシモと書いてあるところは、音程の要チェックポイント

ffは音程の要チェックポイント

カイザーでffフォルテッシモって書いてあるところは、#とか臨時記号がたくさんついてたり、音程が取りにくいところ

よーく音程を聴いてひきます。

ヨメ猫

大きい音で弾いて、よーく音程を聴いて欲しかったからffフォルテッシモって書いたのかも

四分音符は音価分伸ばす

四分音符は音価分伸ばします

四分音符は音価分、伸ばす

何も考えてないと、短くなったり、長くなったりテキトーになりがち。

ちゃんと四分音符分、伸ばしてあげましょう

4の指の音程、低くならないように

4の指の音程、低くならないように

めっしー

なんとなーく弾いていると、音程が低くなりがち

4の指で音程を取るところがたくさん出てくるんだけど、

4の指の音程、低くならないように

4の指の音程がちゃんと合っているか、いつもよーく聴こう。

4の指の音程は開放弦と合わせられる

最初は4の指が出てきたら立ち止まって、開放弦とちゃんと合っているか確認してみても良いですね

ヨメ猫

開放弦と一緒に弾いたり、豊かな響きになっているか、よーく聴いて確認してね

カイザー 6番

カイザー 6番を弾くときのポイントです

カイザー 6番は半音の音程のエチュード

カイザー 6番は半音の音程を勉強できるエチュード

半音がたくさん出てきます。

カイザー6番は半音の音程のエチュード
めっしー

カイザー 5番までは指を開く練習が多かったけと、6番は指を閉じる練習

ヨメ猫

開放弦と合わせられるところはしっかり合わせながら、音程をよーく聴いて弾こう

四分音符は三連符でカウントする

三連符、四分音符の形が続くんだけど、

四分音符は三連符でカウントする。

例えば、レミ♭レドーっていうところ

レミ♭レドー

レミ♭レドーって考えるんじゃなくて、

レミ♭レドドドって考えます。

レミ♭レドドド
めっしー

拍が正確になるのはもちろん、三連符でカウントすると音楽に推進力が出ます

四分音符にはヴィブラート。クレッシェンドを表現する

四分音符にはヴィブラートをかける。

ヨメ猫

クレッシェンドを表現します

三連符、四分音符の形ごとに、クレッシェンドって書いてますね

カイザー6番のクレッシェンド

このクレッシェンドをヴィブラートで表現してあげる

クレッシェンドはヴィブラートで表現

四分音符にヴィブラートをかけて、少し膨らませる感じ。

ラレンタンドも表現する

ラレンタンドもちゃんと表現しましょう

ヨメ猫

ラレンタンド(rallentando)は「だんだん遅く」という意味。
ラレンタンドをもっと深掘りしたいときはこちら

rall.(ラレンタンド)って書いてますね

だんだんゆっくり

rall.のあたりで、ブレーキをかけてあげます。

ド、ミ♭の重音のドの音程は、高いドと同じ音程

最後の2小節間のドとミ♭の重音、

このドの音程は、重音を弾く1小節前に弾いた高いドと同じ音程にします

同じ音程
めっしー

高いドから、音程をもらってくる感じ

ヨメ猫

きれいな和音になるように、よーく聴いて合わせてみてね

カイザー 7番

カイザー 7番を弾くときのポイントです。

ヨメ猫

それぞれ深掘りしていきます

マルテレと移弦の練習曲

カイザー 7番はマルテレと移弦の練習曲

マルテレは弦に弓をおいて、圧力をかけて、ポンって圧力を解放する感じで弾きます。

ヨメ猫

カイザー 3番5番でも練習したね。

あと、移弦なんだけど、手先で移弦しないように注意。

肘で移弦します。

5度の音程は要チェック

5度の音程は要チェックです。

5度は音程が取りにくい、合いにくい。

カイザー 7番では5度の音程が出てくる。

ヨメ猫

5度は音が5つ離れている音形のこと。
例えば、ドとソは5度の関係。
①ド ②レ ③ミ ④ファ ⑤ソ
だから、ドとソは5度の関係。

例えば、こんなところ↓

カイザー7番の譜面。
5度の音程
めっしー

5度は一本の指で2つの弦を押さえなくちゃいけない。
音程が取りにくい。

5度は一つの指で2本の弦を押さえる。
音程が合いにくい、

音程が合っているか、重音で確認するとかして、念入りに合わせみましょう。

エチュードなんだけど、音楽的に

エチュードなんだけど、音楽的に弾こう

例えば、カイザー 7番の冒頭。

カイザー7番の冒頭

強弱は何も書いてないんだけど、

音がのぼるときはクレッシェンド、音が下がるときはデクレッシェンドする意識で。

音が昇るときはクレッシェンド、音が下がるときはデクレッシェンド

めっしー

エチュードは曲を上手じょうずに弾くために練習するもの。
曲で使うことを意識して、音楽的に歌いましょう。

sfは重さを乗せて

sfスフォルツァンドは重さを乗せて弾く感じ。

sf(スフォルツァンド)は重さを乗せて
ヨメ猫

重い壁をグッと押す感じ。

ポリフォニーを意識する

ポリフォニーを意識すると、もっと音楽的になります

カイザー 7番にはポリフォニーが隠れている。

ヨメ猫

ポリフォニーは2人以上でかなでられる音楽のこと。
二重奏とか、三重奏とか。

例えば、最後から11小節前↓

カイザー7番、最後から11小節前

ここは二重奏になっている。

アルトとテノールの二重奏
*オレンジ色がアルト、青色がテノール
めっしー

アルトとテノールの二重奏かな

二重奏になっていることを意識しながら弾くと、もっと音楽的になります。

重音スタッカートは、弓を弦から積極的に離して

重音スタッカートは、弓を弦から積極的に離す感じ

カイザー7番の譜面。
重音スタッカートをピックアップ。

弓で押さえつけるんじゃなくて、ピュって離す感じです。

カイザー 8番

カイザー 8番を弾くときのポイントです。

ヨメ猫

それぞれ深掘りしていきますよー

カイザー 8番はレガートの練習曲。右手も左手もレガートに

カイザー 8番はレガートの練習曲

右手も左手もレガートに。

右手の移弦は最小限に、なめらかに。

左手もバチバチ指板を叩くんじゃなくて、虫がモソモソって動くイメージで。なめらかに動かす。

4小節フレーズを意識して

4小節フレーズを意識して、弾く。

カイザー 8番は4小節フレーズになっていっていて、1小節ごとブツブツ切れないように注意。レガートで。

4小節フレーズ

先弓で抜けちゃうと、フレーズがブツブツ切れちゃうかな。

ヨメ猫

先弓で音が抜けないように、吸い付けて弾きます

pは緊張、fは楽に

pピアノは緊張して、fフォルテは楽に。

体を緊張させたり、固めたりすると、楽器の響きが止まる。自然とピアノになる。

めっしー

体の固さで、楽器の振動を止めてあげる感じかなー

逆に、体を楽にすると楽器は鳴ります。

例えば、17小節目から。

カイザー8番。
17小節目からをピックアップ

pは体を固めて、緊張させて弾いていく。

クレッシェンドで、だんだん体を楽にしていく。

fフォルテになったら、楽に、リラックスして弾く。

fは楽に。リラックスして。

めっしー

pは緊張、fは楽に。
音楽的にも弾けるし

ヨメ猫

pの方が音楽的に緊張感あるもんね。
なんか張り詰めた感じ

左手の移弦は肘から

左手の移弦は肘から

指先で移弦するんじゃなくて、もっと体の中心に近いところ(肘とか、二の腕とか)から移弦するイメージかな。

体の中心に近いところから動かすと、動きが楽になる

ヨメ猫

N響とか、プロオケのトップ奏者されていた先生も、左手は体の近いところから動かした方が良いよって言ってた。

めっしー

腰あたりから、「左手動けー」って命令出してる感じっておっしゃってたかな。

例えば、最後のアルペジオのところ↓

カイザー8番。
アルペジオをピックアップ

アルペジオの移弦のときに肘を意識すると、楽になる感じがする

カイザー 9番

カイザー 9番を弾くときのポイントです。

カイザー 9番は4の指の音程のエチュード

カイザー 9番は4の指の音程のエチュード

4の指の音程が合っているか、よーく聴きながら弾きます。

ヨメ猫

4の指の音程が合っているか、開放弦と合っているか確認するのもいいですね。

とくに、1と2の指がくっついたときの、4の指の音程は低くならないように注意。

4の指の音程が下がらないように

こんなとことか↓

A線の1と2の指がくっつく形

こんなとこ↓

G線の1と2の指がくっつく形
めっしー

1と2の指がくっついたときの音程は、注意深くチェックしましょ

遅すぎないテンポで

遅すぎないテンポで練習しましょう。

遅すぎると、音程の不自然さに気づけないんですよね。

音と音の関係が分かりにくいというか。

遅くてもこの程度↓のテンポかなーと。

三連符は二重奏って考えても面白い

三連符は二重奏って考えても面白いかも。

例えば、15小節目。

カイザー9番の15小節目からをピックアップ

こんな風に楽譜を見ることもできますね↓

二重奏って考えても面白い
*オレンジのパートと青色のパートの二重奏
めっしー

二重奏に見えなくもないね

*曲の解説は今回はここまで。カイザー10番以降も順次更新していきます。

カイザーはいつから弾く?

アマチュアヴァイオリン弾き

カイザーっていつから弾くのが良いの?

いつからっていうのは断言できないんだけど、

ぼくはヴァイオリンを初めて2年目でカイザーを弾き始めました

新しいヴァイオリン教法の3巻を弾き始めたときだったと思います。

めっしー

カイザーを始める目安は、ヴァイオリン2年目か、新しいヴァイオリン教本の3巻を弾き始めるタイミングかな

カイザーの楽譜はどれが良い?

アマチュアヴァイオリン弾き

カイザーの楽譜はどれが良い?

今レッスンでは、インターナショナル版のカイザーを使ってる。

もちろん先生によって違う版を指定してくる先生もいるかもだけど、インターナショナル版をすすめられる先生がほとんどでした。

最初は全音のISEシリーズの楽譜を買ったんですが、書い直す羽目はめになりました。

買い直すことになってしまった、カイザーの楽譜↓I SE版は好きじゃない先生もいます……

めっしー

カイザーの楽譜は、基本的にインターナショナル版が無難かと。

カイザーの難易度は?難しいの?

アマチュアヴァイオリン弾き

カイザーって難しいの?

カイザーはね、全然難しいです。

めっしー

カイザーは初心者向きなんて言われるけど、そんなことないです。

上記のぼくの解説動画を見ていただいたらわかると思いますが、無傷で演奏できていません。

音程も取りにくいところもあるし、一音も音程をはずさずに弾くの、難しいです(あえてそういう風に作ってるんだと思いますが)。

さらに、強弱記号もたくさん指定してあって、そういうのも1つ残らず弾こうと思うと難曲だと思います。

ヨメ猫

頭がパンクする(泣)

カイザーを完璧に弾けたら、冗談抜きでプロで活躍できるんじゃないかな(アマオケのコンマスレベルでも無理ですね)

カイザーを弾いたときの効果は?上手くなる?

アマチュアヴァイオリン弾き

カイザーって弾くと上手くなる?

カイザー弾くとヴァイオリンは上手くなります。断言しても良いです。

実際、今弾いてて思うのですが、よくできてるエチュードだなって思います

カイザーを弾くとグチャグチャになっていたテクニックが整理整頓されて、頭も体もスッキリする感じがする。

カイザーがある程度しっかり弾けるようになれば、オーケストラに参加しても十分弾けると思います。

アマチュアオーケストラなどで楽しむののであれば、まず「カイザー」の三十六曲で十分でしょう。

「カイザー」を全曲正しい音程といい音程で楽譜の指定どおりに弾くことができるようになれば、ヴァイオリンを楽しめる技術が十分身につきます。

まるごとヴァイオリンの本 石田朋也 著
めっしー

全曲正しい音程、いい音程、楽譜の指定通りに弾くのはかなーり難しいけど(ぼくはできません)、少しずつ頑張っていきましょう

めっしーのヴァイオリン教室【大人から始めた初心者限定のヴァイオリン教室】

この記事の著者、めっしーのヴァイオリン教室の特徴

  • 大人からヴァイオリンを始めた、初心者限定のヴァイオリン教室
  • 18才からヴァイオリン始めた、ぼくめっしーがレッスン
  • アマチュアオーケストラでトップ弾いたり、室内楽弾いたり、今はレッスンで超難曲のパガニーニのカプリースさらってる
  • 大人から始めたんだけど、プロを輩出する門下で学ぶ
  • プロを輩出する教室で学んだことをベースにレッスン
  • あなたと同じくヴァイオリンを始めたからこそ、伝えられることがある
  • 大人から始めた難しさ、苦労、とってもわかるし、ちょっと先を行ってるからこそ、どうやって壁を乗り越えていったかお話できる
  • しっかりあなたと向き合って、話して、レッスンしたいと思ってます
  • 朝レッスン 6:00~(おそらくここの教室だけ)
  • 学生割引あり

大人からヴァイオリンを始めたんだけど、なんか上手うまくならない

そんなときに力になれないかな、と思ってる

めっしー

あなたと同じく、大人からヴァイオリンを始めたからこそ、共感できるし、解決できる部分、いっぱいある

あわせて読みたい
【めっしーのヴァイオリン教室】断言、大人からヴァイオリンを始めても弾けるようになる。全然遅くない... めっしーのヴァイオリン教室の特徴 ヴァイオリンを大人から始めた、初心者ヴァイオリニスト限定のオンラインレッスンですヴァイオリンを大人から始めて、15年弾いている...

無料ヴァイオリン相談【どんな簡単な質問でもOKです】

無料ヴァイオリン相談を受け付けてます

下のLINEかお問合せtwitterにメッセージいただければ、基本的になんでもお答えいたします

友だち追加

ヴァイオリンについて悩んでること、どーでもいいこと、簡単なこと、レッスンやってるみたけど実際どうなん?とか、なんでもOK

めっしー

できる限り、丁寧にお返事させていただきます

緊張して、アガって自分の演奏ができないなら、ヨガをして欲しくて。

あんなに練習したのに。

本番になると、まったく何もできない

震える右手、外れる音程

1つの解決方法がヨガ。

ヨガは、心をコントロールする練習だから。

20世紀の大ヴァイオリニスト、メニューインもヨガの効果に取りかれた一人ひとり

粘り強さを得たいときには、ヨガのポーズを数分間じっとえれば良いだろうし、落ち着きたいのであれば、静かに規則正しく呼吸し、肺を広げることである。

ハタヨガの真髄“よりメニューインの推薦すいせんから
めっしー

ぼくも緊張・アガリで悩んで試行錯誤してきた。
その中でヨガに出会った。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヴァイオリン歴15年×病的なあがり症×アマオケ主席奏者してた/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら/全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)修了/JADP認定マインドフルネススペシャリスト/JADP認定スポーツメンタルトレーナー

読みたい場所をクリック!