MENU
めっしー
病的なあがり症×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら/全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)修了JADP認定マインドフルネススペシャリスト/JADP認定スポーツメンタルトレーナー

ppを弾くのが怖い。結論、ふつうです。【具体的な解決方法あり】

  • URLをコピーしました!
本記事のまとめ
  • ppピアニッシモを弾くのが怖いの、普通です。プロでも怖い。プロでもppでは、弓、プルプル震えてる
  • リズムを感じると、ppへの恐怖感は減る
  • ppを弾くとき、弓を浮かせる必要はない
  • 速い弓の練習、超ゆっくりのロングトーンを練習すると、ボウイングが安定する、恐怖感が減る
困った人

ppピアニッシモを弾くのが怖い。
オーケストラでシーンとしたところで、ppが出てくると、体がかたまる、緊張する。。。。

本記事では、こんなお悩みにお答えします。

  • この記事の信頼性
著者めっしーのプロフィール
・アマチュアヴァイオリン奏者、ヴァイオリンは大人から(18才から弾いています)
・プロを輩出している門下で学ぶ(鷲見三郎先生の流れになります)、先生は世界3大オーケストラの元ヴァイオリン奏者
・N響奏者の方や、プロオケ主席奏者の方からレッスンを受けた
・アマオケの2ndヴァイオリンでトップ奏者してた
・今はヴァイオリンがもっと上手くなりたくて、個人レッスンをメインに。あと、室内楽をちょこちょこ、ヴィオラも弾いてる
・超ビビり&超あがり症。超ビビりな自分に悩み過ぎて、カウンセリングを受けたことも
・バッハのシャコンヌを発表会で弾いた時、緊張しすぎて、空中分解した経験あり

Twitter(@messi_agarisyo

・プロ奏者を輩出する教室で、ヴァイオリンを学ぶ
・日本トッププロ奏者(NHK交響楽団で弾いてた先生、プロオケでトップを弾いていた先生・・・)にも指導を受けた
・超ビビり&超あがり症。バッハのシャコンヌを発表会で弾いた時、緊張しすぎて、空中分解した経験あり。

こんにちは、超絶緊張しいヴァイオリニストのめっしーです

ぼくも、ppピアニッシモを弾くのが怖い

ppっていう文字が見えた瞬間、ドキドキする

体がかたくなる、緊張する

例えば、ファーストヴァイオリンだけ裸になって、ppとか、もう死にそうになる、手、震えまくりですよ(笑)

pp(ピアニッシモ)を見るだけで、吐き気がします
シューベルト・未完成の2楽章

ppピアニッシモpピアノ、小さい音を出す恐怖を少しでも和らげてもらう、それがこの記事の目的。

めっしー

ぼくが考えて、ためして効果があったもの、
先生から教えてもらって、実践じっせんして、いいなって思ったppピアニッシモ対策をお話していきます。
ぜひ最後まで読んでみてください。

読みたい場所をクリック!

ppが怖いのは普通です

ppピアニッシモが怖いのは普通です

みんなシーンとしたところで、小さい音くの、怖い

ぼくも何人かの先生に相談した

先生は声をそろえて言う

「おれだって怖い」って。

だから、ppが出てきて、緊張して硬まるの、おかしいって思わないで欲しいです。

シーンとしたところで音出すのが怖いって、ある意味本能的なものかなと、と。

みんな怖いし、プロでもppになるとカタカタ震えてる。

拍を感じること、リズムを感じること

プロもみんな、ppピアニッシモが怖いのはわかった

けど、どうすれば良いのかだよね。

まず、一番大切なのは、はくを感じること、リズムを感じること

ヴァイオリン演奏において、エネルギーの伝達信号は身体の内からき起こり外へ向かう「リズム」としてあらわれます。

まずこの考えを受けいれることが、あがりの症状全般を取り除き、特に弓の震えをなくすもっとも重要なポイントです。

「あがり」を克服する カトー・ハヴァシュ(著)、藤本 都紀・今井 理瑳(訳)

思い出して欲しいんだけど、

ppで体がガチガチなってるときって、拍感、リズム感、なくなってないかな?

たぶん、リズム感、なくなってると思う。

息が止まった感じ。

拍感、リズム感がなくなると、体はりきむように、緊張するようにできてる。

だから、ppが出てきて怖いってなったら、意識して拍、リズムを感じ出て欲しいです。

緊張が、不安がゆるむから。

めっしー

リズムの感じ方の参考になるかと思います。
良かったらこちらもどうぞ↓

ヨメ猫

動画でお話されている、カトー・ハヴァシュおばあちゃんの本↓です。
内容がちょっと理解しにくいとこ多数なんですが、参考になるかと。

めっしー

ちなみに、カトー・ハヴァシュおばあちゃんに直接指導を受けた先生のレッスンを何度か受けにいきました、新幹線に揺られて(笑)

もしこの本↑を買って、意味わかんねーよってときはお気軽にメッセージください
LINEお問合せ、Twitter → @messi_agarisyo

ppは弓を浮かさなくて良いんですよ

ppピアニッシモは弓を浮かさなくていいです

弓を浮かさなくても、ppピアニッシモは出せる

ppの音弾いてって言われたとき、どうしますか?

ヨメ猫

圧力少なくしなきゃ、弓を浮かせよっと。

もし、こんな風にして、ppを出そうとしているのなら、怖いのは当たり前。

圧力を少なくする → 腕を上げる → 背中も上がる → なんかフワフワして不安定 → 不安 → 怖い

っていう感じ。

めっしー

実は、弓を浮かせなくてもppは出せるんですよね。

少し体感してみよう。

弓を中より元におく。

そして、弓を横に滑らせる

弓は浮かせないようにして。

ヨメ猫

ズズって変な音がなってもOK

弓を浮かせなくても、弓を動かせるぐらいの、小さな圧力って作ることができる。

なんとなくでも、体感できたんじゃないかな。

pp = 弓を浮かせるっていう勘違いを治せたら、不安、かなり減ると思う

背中の筋肉を鍛える

背中の筋肉をきたえるっていうのも、ppピアニッシモの恐怖心を減らすのに役に立つ

背中の筋肉を鍛えると、ボウイングが安定する恐怖心が小さくなる

肩甲骨けんこうこつあたりの筋肉を強くする感じかな

肩甲骨まわりの筋肉を鍛えると、ボウイングが安定する
ヨメ猫

どうやって、肩甲骨けんこうこつあたりの筋肉をきたえるの?
懸垂けんすいとか?(笑)

めっしー

んなわけあるか(笑)

どうやってボウイングに使う、背中の筋肉、肩甲骨周りの筋肉をきたえるかっていうと、

  • 全弓ぜんきゅうで速い弓
  • 超ゆっくりなロングトーン

この2つが良いです

全弓で速い弓の練習のやり方

全弓で速い弓の練習は、

♩=60、1拍でひと弓で弾く

ヨメ猫

全弓を使って、背中をきたえるのが目的だから、ほかの弦さわったり、音が汚くなったりしても、そんなに気にしなくて大丈夫

押えていきたいポイントは3つあって、

  • 元から先まで弓を使う
  • 肩甲骨けんこうこつあたりが動いているのを意識する
  • 腕を長くつかう

まず、先から弓のもとまでぜんぶ使うってこと。

先から元まで、しっかり使う

とくに元かな、ぎりぎりまで使う

あと、肩甲骨けんんこうこつあたりが、しっかり動いているのを感じながら、練習するっていうのも大事

筋トレとかでもそうだけど、きたえたいところを意識すると、効果があがります

最後は、腕を長く使うっていうのを意識するってこと。

こんな感じ↓に、手を左右に伸ばす体操とかやってから、速い弓の練習すると、腕を長く使う感覚、つかめると思う。

腕を長くつかう感覚をつかむ体操
両手の中指が、左右から引っ張られる感じ

まずは開放弦でOK

全弓で速い弓の練習をしてみよう

超ゆっくりロングトーンの練習のやり方

超ゆっくりのロングトーンも、

背中をきたえて、ボウイングが安定するのに、とっても役立つ

超ゆっくりロングトーンのやり方は簡単で、

ひと弓、♩=60で10s、20s、30s・・・60sって伸ばしていく。

背中で腕をささえる感じを持って、ロングトーンする

ぼくの場合は、肩甲骨を背中の真ん中に寄せて、背中のとくにわきの下あたりに意識を持つと、安定する感じがする

脇の下あたりの筋肉で、腕を支える感じにすると、腕が安定する

まずは開放弦で。

慣れてきたら、ト長調(G線から始まる音階)の1stポジションで、超ゆっくりロングトーンをやってみたり。

めっしー

今回紹介した
・早い弓の練習
・超ゆっくりのロングトーン
この2つの練習をサボると、ぼくの場合はボウイングが不安定になる、恐怖心がす。

ヨメ猫

ボウイングがおかしいなって思ったら、少しの期間、毎日5分とか、速い弓の練習、超ゆっくりロングトーンの練習をしてます

まとめ:ppが怖いのは普通です、でも、練習で恐怖心は取り除ける

本記事の内容をまとめます

  • ppピアニッシモが怖いのは普通です
  • リズム感を忘れない
  • ppを弾くとき、弓を浮かせる必要はない
  • 速い弓&超ゆっくりのロングトーンの練習をすると、ボウイングが安定する

ppが怖いって普通

みんな、こわい

そんなときは、本記事の内容を試してみてください

ppがまったく怖くないっていう風にはなれない。

けれども、小さい音を出すことに対する恐怖感っていうのは、確実に下がると思う

めっしーのヴァイオリン教室【大人から始めた初心者限定のヴァイオリン教室】

この記事の著者、めっしーのヴァイオリン教室の特徴

  • 大人からヴァイオリンを始めた、初心者限定のヴァイオリン教室
  • 18才からヴァイオリン始めた、ぼくめっしーがレッスン
  • アマチュアオーケストラでトップ弾いたり、室内楽弾いたり、今はレッスンで超難曲のパガニーニのカプリースさらってる
  • 大人から始めたんだけど、プロを輩出する門下で学ぶ
  • プロを輩出する教室で学んだことをベースにレッスン
  • あなたと同じくヴァイオリンを始めたからこそ、伝えられることがある
  • 大人から始めた難しさ、苦労、とってもわかるし、ちょっと先を行ってるからこそ、どうやって壁を乗り越えていったかお話できる
  • しっかりあなたと向き合って、話して、レッスンしたいと思ってます
  • 朝レッスン 6:00~(おそらくここの教室だけ)
  • 学生割引あり

大人からヴァイオリンを始めたんだけど、なんか上手うまくならない

そんなときに力になれないかな、と思ってる

めっしー

あなたと同じく、大人からヴァイオリンを始めたからこそ、共感できるし、解決できる部分、いっぱいある

あわせて読みたい
【めっしーのヴァイオリン教室】断言、大人からヴァイオリンを始めても弾けるようになる。全然遅くない... めっしーのヴァイオリン教室の特徴 ヴァイオリンを大人から始めた、初心者ヴァイオリニスト限定のオンラインレッスンですヴァイオリンを大人から始めて、15年弾いている...

無料ヴァイオリン相談【どんな簡単な質問でもOKです】

無料ヴァイオリン相談を受け付けてます

下のLINEかお問合せtwitterにメッセージいただければ、基本的になんでもお答えいたします

友だち追加

ヴァイオリンについて悩んでること、どーでもいいこと、簡単なこと、レッスンやってるみたけど実際どうなん?とか、なんでもOK

めっしー

できる限り、丁寧にお返事させていただきます

緊張・アガリに悩むヴァイオリン弾きのためのヨガ教室

あんなに練習したのに。

本番になると、まったく何もできない

震える右手、外れる音程

1つの解決方法がヨガ。

ヨガは、心をコントロールする練習だから。

あわせて読みたい
【緊張、アガリを克服する】オンライン・ヨガレッスン 緊張、アガリ、 どれだけ努力しても報われない 努力が無意味に感じる いろいろな解決方法があると思うんだけど、 緊張、アガリを解決する、一つの方法がヨガ 時間はかか...
めっしー

ぼくも緊張・アガリで悩んで試行錯誤してきた。
その中でヨガに出会った。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヴァイオリン歴15年×病的なあがり症×アマオケ主席奏者してた/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら/全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)修了/JADP認定マインドフルネススペシャリスト/JADP認定スポーツメンタルトレーナー

読みたい場所をクリック!