【パガニーニの映画】愛と狂気のヴァイオリニスト【実話?あらすじは?見た感想は?】

この記事のまとめ

悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト、パガニーニを描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》について解説!

《愛と狂気のヴァイオリニスト》のあらすじ本物のパガニーニの生涯に沿った内容なのか?、そして、実際に《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見た感想についてまとめています

『レッスンでパガニーニカプリースを弾いているけど、パガニーニってどんな人だったんだろう?』

『パガニーニ弾いているけど、パガニーニのことはほとんど知らない・・・』

こんにちは、超絶緊張しいヴァイオリニストのめっしーです

パガニーニの曲はヴァイオリニストを目指すなら、必ずといっていいほど通る道

でも、パガニーニの曲を弾いていても、パガニーニ本人のことを知る機会って、とっても少ないですよね

めっしー

パガニーニが作曲した24のカプリースのレッスンを受けていて、パガニーニについてもっと知りたくなった

悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト、パガニーニを描いた映画があります

《愛と狂気のヴァイオリニスト》です

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見れば、パガニーニがどんな人だったのか、どんな人生を歩んでき来たのかがわかる

そして、パガニーニの音楽を堪能することができます

ヨメ猫

あんなに死にそうになって練習した、パガニーニカプリース(音大入試レベルの曲です)ってこんな良い曲だったんだと感じさせてくれる

今回はパガニー二を描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》について、話していきたいと思います

めっしー

それじゃあ、いってみよう

*ネタばれを含みますので、《愛と狂気のヴァイオリニスト》をまだ見てなくて、中身を知りたくないっていうときは注意してください

目次

あらすじ

めっしー

《愛と狂気のヴァイオリニスト》のあらすじについてお話するよ

*少しネタバレが含まれています

天才的なヴァイオリン技術をもっていた青年パガニーニ

青年パガニーニはまだ無名の存在で、他のコンサートの曲と曲の間に、ちょっとしたミニコンサートをする程度

ミニコンサートも聴衆は流し聞き

パガニーニは評価されない現状に不満をもっていました

『なんで自分の才能が評価されないんだ』

私生活も女や酒、ギャンブルと、クソみたいな堕落(だらく)した生活

そんなとき、ウルバーニという、やり手のマネージャーに出会う

パガニーニの才能、そしてウルバーニの助けによってイタリア中を魅了する

話は飛んで40代後半パガニーニは、ヨーロッパ中を演奏して回り、最後の公演の場所であるイギリスのロンドンに入る

ロンドン市民はパガニーニを快く迎えない

『パガニーニ出ていけ、悪魔は出ていけ』そんなデモがパガニーニの周りを囲む

そんな中、アラフィフ(50歳前後)のパガニーニは16歳の美少女(シャーロットという名前)に恋をする

始めは2人の恋はパガニーニの一方通行だった

しかし、パガニーニの演奏を聴いて、16歳の美少女(シャーロットという名前)の心が動く

パガニーニはロンドンでのコンサート本番を迎える・・・

ヨメ猫

主演のパガニーニ役は現代のヴィルトゥオーゾ(ヴァイオリンがめちゃくちゃ上手い人)、デイヴィット・ギャレット
ストーリーもだけど、デイヴィット・ギャレットが奏でるパガニーニもめっちゃ楽しみ

《愛と狂気のヴァイオリニスト》の予告が見たい、そんなときはこの動画もチェック▽

この映画って実話?

ヨメ猫

パガニーニを描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》って実話なの?

パガニーニを描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》は、ほぼほぼ実話です

実際のパガニーニの歴史とは違うなーという点は

  • パガニーニを超有名人にした敏腕マネージャーとして描かれている、ウルバー二はいない
  • パガニーニが恋をした16歳の美少女(シャーロットという人)のスキャンダルは事実だが、どんな恋をしたかは完全作り話

その他のところは、パガニーニの人生をそのまま描いていました

まったく人気のなかったパガニーニを、ヨーロッパを激震させるまでの人物に育て上げた、敏腕マネージャーのウルバーニという人が出てくるのですが、

この敏腕マネージャー・ウルバーニという人は実在していません

めっしー

ウルバーニは実在する人をごちゃ混ぜにして作られた、架空(かくう)の人物みたい

そして、《愛と狂気のヴァイオリニスト》の中でパガニーニと16歳の美少女(シャーロットというひと)との恋愛が描かれています

ロンドンの興行主ワトソンの娘シャーロット・ワトソン(ピアノ伴奏者という説もある)との駆け落ち騒動というとんでもない事件が起こる。

これは、ワトソンが「娘をパガニーニに誘拐された!」と騒ぎ立てて一大スキャンダルになる

悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト 浦安俊彦著

どうもパガニーニと 16歳の美少女(シャーロットというひと) の間で何かあったのは事実

でも、実際に パガニーニと 16歳の美少女(シャーロットというひと)がどんな恋愛をしたかについては、完全に架空(かくう)の物語です

実際に【愛と狂気のヴァイオリニスト】を見た感想 GOODポイント

めっしー

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見て、良かったなーってところをお話しますね

音楽が完璧、泣ける

このパガニーニを描いた《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見てめちゃくちゃ思ったこと

パガニーニの音楽を心の底から堪能できます

泣けます、僕も泣きそうになりました

音楽の素晴らしさを感じたい、『音楽で泣いてみたい』っていうなら見て欲しいです

ヨメ猫

何度かウルっときた。。
音楽ってやっぱり人を感動させられるんだ、そう思えたよ

主演のパガニーを演じるデイヴィッド・ギャレットさんは、現代のヴィルトゥオーゾ(めっちゃ楽器が上手い人のことです)

デイヴィッド・ギャレットさんの音楽性が心に突き刺さります

芯がある、けれど甘い音色を堪能することができます

そして、パガニーニが作った曲を堪能できます

パガニーニが作曲した24ののカプリースが主に演奏されますが、

あれ、24のカプリースってこんな泣ける曲だっけ?って思いました

めっしー

いつもレッスンで苦しめられている24のカプリースだけど、
あれ?こんな良い曲だったっけ?って思わせてくれた

デイヴィッド・ギャレットさんの24のカプリースの演奏が聞きたい、そんなときはこちらをチェック▽

ヨメ猫

最近、音楽を聴いて涙してない人は《愛と狂気のヴァイオリニスト》見て、音楽の素晴らしさを思い出すのもあり

パガニーニがどんな人だったか知ることができる

パガニーニがどんなクソ野郎だったかを知ることができます

すみません、言い過ぎました。。。

でも、ギャンブルをして金だけでなく、ヴァイオリンを失ったり

女性にだらしないパガニーニを知ることができます

ヨメ猫

ギャンブルにのめり込む&女性にだらしない、パガニーニって最低

めっしー

もちろんパガニーニはクソ野郎なんだけど、この映画では孤独なパガニーニの様子も描かれていて、孤独抜け出すためにギャンブルにのめり込んだり、女性でだらしなくなったんじゃないか、とも読み取れる

ヨメ猫

天才は周りに理解されないからね・・・
悪魔呼ばわりされていたパガニーニなら、なおさら孤独だったのかもしれないね

パガニーニが生きた時代の社会・風景を感じることができる

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見ると、

パガニーニが生きた社会・風景を知ることができる

音楽をする上で、イメージはとても大切

作曲家が何を考え、どんな場所で生活し、どんな人生を送っていたかを知ることは、演奏するときの音楽に大きな影響を与えます

でも、なかなか昔の時代ってイメージし難(にく)いし、作曲家の生まれた育った町、暮らした町に行くにも日本を出る必要がある

ヨメ猫

なかなか一般庶民には、海外に行くのってハードル高いよね

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見ると、 パガニーニが生きた時代はどんな時代で、どんな街で生活し、どんな人生を送っていたかを知ることができます

めっしー

パガニーニが生きた社会、風景を知ることができる
もし、パガニーニの曲を演奏するなら大きなアドバンテージ(有利)になる

実際に【愛と狂気のヴァイオリニスト】を見た感想 BADポイント

ヨメ猫

《愛と狂気のヴァイオリニスト》見て、イマイチだったなーってところをお話していくよ

パガニーニの人生をまったく知らない人は話の流れについていけない

BADポイント1つ目は、

パガニーニの人生をまったく知らない人が見たら、話しのスピードについていけない、っていう点

映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》は話の展開が早すぎます

若い頃のパガニーニの時代が一瞬で終わって、一気にパガニーニ 40代後半から57歳の時代に飛びます

ハッキリ言って、パガニーニのこと知らない人がみたら全然ついていけねーって思いますね

ヨメ猫

ザーッとでも良いから、パガニーニのことを勉強してから《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見るといいよ

パガニーニがどんな人生送ったか知りたい、そんなときはこちらをチェック▽

あわせて読みたい
悪魔と言われたパガニーニ【名曲とともに波乱万丈の生涯を追う】 この記事のまとめ ヴァイオリニストを目指す誰もが通る道、『24のカプリース』を作曲したパガニーニとはどんな人だったのか? 悪魔と呼ばれ、ヨーロッパ中を熱狂させた...

パガニーニが健康的

BADポイント2つ目は、

実際のパガニーニに対して健康的すぎる 、っていう点

ロンドン公演を開始したときの実際のパガニーニはボロボロ、

下の歯がなくてご飯も食べれず、ガリガリな体でした

めっしー

ロンドン公演のときの実際のパガニーニはガリガリ、青白い顔で幽霊、オバケみたいだったらしい

パガニーニ自身も自分の姿をみて、『ひどく醜くなった』と言っています

対してこの映画では病的なパガニーニを描かれていますが、主演のデイヴィッド・ギャレットは筋肉質で全然死にそうにみえない

筋肉質で健康的だったので、幽霊、オバケ、悪魔には見えませんでした

ヨメ猫

パガニーニの幽霊、オバケ、悪魔のイメージからは離れていたね

映画『哀愁のトロイメライ』でヴァイオリニストのクレーメルが演じたのパガニーニの方が、痩(や)せてガリガリ、頬(ほほ)がこけている、そして孤独を感じさせる悪魔的な音色なので、実際のパガニーニに近いと感じました

ヴァイオリニストのクレーメルが演じるパガニーニの演奏が聞きたい、そんなときはこちらをチェック▽


他の作曲家との絡(から)みがない

BADポイント3つ目は、

他の作曲家との絡(から)みが、ほぼゼロっている点

パガニーニはイタリアやヨーロッパの演奏旅行を通して、多くの作曲家に影響を与えました

ヨメ猫

多くの作曲家に影響を与えたのに、主人公のパガニーニ以外の作曲家が、まったくと言っていいほど出てこない・・

例えば、ピアニスト・作曲家のリストは、パガニーニの演奏を聴いて『ピアノのパガニーニになる!』と決意したり、

歌曲の王と言われたシューベルトが、パガニーニの演奏を聴いて『パガニーニの歌に天使の歌声を聞いた』と言ったり

多くの音楽家にパガニーニが与えた影響というのは、とてつもなく大きいし、西洋音楽史からみても重要な部分

でも、この映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》では作曲家の絡(から)みは、ほぼゼロです

めっしー

音楽好きな僕としては、パガニーニと他の作曲家の出会いも、映画の中で描いて欲しかった

ヨメ猫

パガニーニと様々な作曲家がどんな風に影響し合ったか、見てみたかったなー

話が単調

BADポイント最後は、

話が単調すぎる、っている点です

《愛と狂気のヴァイオリニスト》ではパガニーニ(50歳前後)と、若手歌手(16歳くらい)の恋愛が中心に描かれています

ヨメ猫

パガニーニ、ロリコンじゃん(笑)

年の差恋愛だけでも、法律的にダメなんじゃねって思うところでもありますが、

このパガニーニと16歳の若手歌手の恋愛が、それはもー単調

女ったらしのパガニーニが16歳の若手歌手に声をかける⇒ 16歳の若手歌手、パガニーニ気持ち悪い⇒パガニーニの演奏を聴いて16歳の若手歌手がパガニーニに恋に落ちる

めっしー

どこの少女漫画だよっ!(笑)

あまりにも話の展開が見え見えすぎて、短調だなーと感じました

ヨメ猫

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を実際に見た感想をまとめるよ

GOODポイント
  • 音楽が完璧、泣ける、パガニーニの音楽を堪能できる
  • パガニーニがどんな人だったか知ることができる
  • パガニーニが生きた時代の社会・風景を感じることができる
めっしー

ヴァイオリンを弾く上で、パガニーニやパガニーニ生きた時代について知ることは、めちゃくちゃ大きいアドバンテージ(利点)だよね

BADポイント
  • パガニーニをまったく知らない人は話の流れについていけない
  • パガニーニが健康的、悪魔・死神的なパガニーニのイメージとちょっと違う・・・
  • 他の作曲家との絡(から)みがない
  • 話が単調、どこの「少女漫画だよっ」とツッコミをいれたくなる

いろいろ《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見た感想を話してきましたが、言いたいことは一つ

見た方が良い

音楽をやっているなら、ヴァイオリンを弾いているなら普通に楽しめるし、

何よりパガニーニの音楽を堪能できる

パガニーニを好きになれる

パガニーニ最高って思える

めっしー

パガニーニが好きな状態でパガニーニの曲を練習すれば、練習もはかどるしね(笑)

口コミ

ヨメ猫

《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見た人の口コミを紹介するよ

良い口コミ

良い口コミ

デイヴィッド・ギャレットの超絶的、情熱的プレイと劇場の大音響設備を震わすストラディヴァリウスの音色は背筋がゾクゾクするほど。

ニコロとシャルロットの二重奏も激しく心揺さぶる美しさ。

もうウルバーニのテーマとも言うべき“魔王”のモチーフも様々なアレンジで随所に流れ、暗い落とし穴で待ち構えているよう…EDロールでフルオケ版堪能。

劇場鑑賞が相応しい本格的音楽映画。

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarks映画

良い口コミ

コロナでコンサートは中止の連続、音楽に飢えすぎていますが、そんな気持ちを満たしてくれる、心震わされる映画でした。

弾きマネなんかではなく、プロのヴァイオリニストが演じているというのが素晴らしすぎます!
気になって調べてみるとプロ奏者であり、俳優であり、モデルである•••ってちょっと多才すぎませんか?!うらやましい。

ストーリー的にはやや微妙、少し無理を感じるところもありましたが、演奏シーンが圧巻すぎてどうでもよくなります。
失神する人がいるのも納得!
超絶技巧は、すごいを通り越して半笑い、口をぽかんと開けて茫然と観てしまいました!

パブでの演奏シーンは心が躍り、アリアのシーンは切なく美しくて泣きそうになります。どちらも好きすぎて鬼リピート。

家のテレビで観ても鳥肌が止まらなかったので映画館、もっと言えばホールで聴けたらどれほど素晴らしかっただろうと思います。

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 – 7ページ目 | Filmarks映画

めっしー

《愛と狂気のヴァイオリニスト》での演奏を聴いて体がゾクゾクしたり、鳥肌が止まらないぐらい感動した人がいました

ヨメ猫

確かに演奏シーンは感動した
ホントに鳥肌が立ったし、背中がゾクゾクした(笑)

悪い口コミ

悪い口コミ

演奏はさすが惚れ惚れする素晴らしさ。

ただ映画としては元々あまり期待はしていなかったけどやっぱり響かず。

パガニーニの人柄の描き方が中途半端な印象を受けて、勿体ないと思ってしまった。

ただだらしないだけの小物感すら感じてしまったのが残念…。

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 – 4ページ目 | Filmarks映画

悪い口コミ

演奏と映像、キャストは良かった。

でもパガニーニが全然悪魔的でなかった。

むしろ健気じゃん…

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 – 5ページ目 | Filmarks映画

めっしー

悪い口コミは演奏は良いんだけど・・・
というのが多かった

ヨメ猫

そうなんだよねー
パガニーニがあんまり悪魔的じゃなかったり、ストーリーが単調だったり・・演奏がめっちゃ良いだけにもったいない・・

まとめ

この記事ではパガニーニを描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》について話してきました

めっしー

この記事の内容を振り返ってみよう

この記事のまとめ
  • パガニーニを描いた映画《愛と狂気のヴァイオリニスト》は、50歳前後のパガニーニを描いた作品
  • 晩年のヨーロッパツアーのロンドン公演を中心に描かれている
  • 《愛と狂気のヴァイオリニスト》の内容はほぼほぼ実話
  • イマイチな点もあるが、それ以上に音楽が素晴らしい、泣ける

『パガニーニのことが知りたい』

そう思うなら、《愛と狂気のヴァイオリニスト》を見てみるのもあり

緊張・アガリに本気で悩んでいるあなたへ

音楽家にとって緊張・アガリはとてもツライですよね

『緊張・アガリのせいで音楽が楽しめない』

そう感じているなら、参考にしてみてください

呼吸を考えることは緊張・アガリをコントロールする第一歩

呼吸を考えることが緊張・アガリをコントロールするための第一歩です

呼吸を制するものは、緊張・アガリを制する

こう断言します

正しい呼吸を身に着けるのに一番良いのが『ヨガ』です

『ヨガ』では呼吸をとても大切にします

『ヨガ』を通じて深い、ゆったりとした呼吸を身に着けることができる

深い、ゆったりとした呼吸を身に着ければ、本番で緊張・アガリをコントロールすることができる

『演奏会の本番になると頭が真っ白、緊張しすぎて、まともな音もでない』

こう真剣に悩んでいて緊張・アガリを本気でコントロールしたいなら、ヨガを選択肢の一つに入れてみてください

あわせて読みたい
あがり症は【ヨガ】をしよう! ヨガがアガリ・緊張に効く5つの理由 こんにちは、幼いころから超絶あがり症のめっしーです あがり症を克服したいなら『ヨガ』です ぶっちゃけ、すぐパソコンを閉じてヨガを初めてもらえるなら、この記事を...
あわせて読みたい
パーソナルヨガ【YOGATIVE】の無料体験の感想&口コミまとめ この記事のまとめ この記事を読むと、 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE(ヨガティブ)とはどんなサービスなのか?YOGATIVE(ヨガティブ)で行っている無料体験レッスン...
めっしー

もっと緊張・アガリをコントロールできるように、毎日ヨガをしてる

体と心はつながっている

体と心はつながっている

体がバランスを崩せば、心のバランスも崩れます

特に体のバランスで考えて欲しいことは『姿勢』です

『姿勢』が悪ければ、心の状態も悪くなる

『姿勢』が悪ければ、心が不安になって緊張・アガリにつながっていきます

『演奏会になると手が震えすぎ自分の実力が発揮できない、練習しても意味ないんじゃないか』

本気でこう感じているなら姿勢改善から緊張・アガリと向き合ってみるのはいかがでしょうか

あわせて読みたい
姿勢が変われば緊張体質も変わる!本番で力を発揮できる体になれる この記事のまとめ この記事を読むと 姿勢が変わると緊張体質がなぜ変わるのか?姿勢を整えるには何をしたらいいのか? について知ることができる こんにちは、幼いころ...
あわせて読みたい
オンライン【Live Fit】で姿勢改善! 体験談&口コミ徹底検証 この記事のまとめ この記事を読むと オンラインで姿勢改善ができる【Live Fit】とは?【Live Fit】の無料体験を実際に受けた体験談【Live Fit】を実際に利用している方...
めっしー

心と体はつながっている

ヨメ猫

体が整えば、自然と心も整うよ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる