薬局で手に入る【あがり症】に効く薬 効果について徹底解説!

こんにちは、幼いころから超あがり症のめっしーです。

今回は薬局・ドラックストアで買えるあがり症の薬についてご紹介します。

薬局・ドラックストアで買えるあがり症に効く薬については僕の知っているものはすべて試しています!

実際に使ってみた感触を含めて徹底解説しますよ!

*注;漢方薬の効果は個人差がとっても大きいです。使った実体験については参考程度にしてくださいね。ちなみに僕は神経質で疲れるとイライラが止まらないタイプのあがり症です。

目次

薬局・ドラックストアで買えるあがり症に効く薬はどんなものがあるか?

薬局・ドラックストアで購入できるあがり症に効く薬はどのようなものがあるのでしょうか?

〇抑肝散加陳皮半夏
〇抑肝散(アロパノール)
〇柴胡加竜骨牡蛎湯
〇半夏厚朴湯
〇救心
〇当帰四逆加呉茱萸生姜湯
〇アガラン錠
〇イララック

意外とドラックストアで手に入るあがり症に効果のある薬はたくさんあります。

ドラックストアの市販品は漢方薬がメインになっています。
漢方なんてすぐに効かないでしょ?と思う人もいるかもしれません、、

でも体質にピッタリ合ったものを使用すると実は漢方薬でも即効性があります!
あがり症の症状が辛いという方はまずはドラックストアの漢方薬を使ってみてください。

もう少し詳しく見ていきましょう!

漢方の効果は!? すべて実際に試しています!

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)・抑肝散(アロパノール)

抑肝散化陳皮半夏、抑肝散はイライラを伴うあがり症の方に効果があります。

病院によってはあがり症治療の第一選択の薬になる場合もあります。

効能・効果
体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり

出典【漢方解説】当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)|漢方セラピー|クラシエ (kracie.co.jp)

抑肝散加陳皮半夏・抑肝散はもともと子供の夜泣きに使われており、子供でも服用することができます。特に神経質でイライラしやすいあがり症の方におすすめです。

ちょっとしたことで気にするような神経過敏にも効きますし、筋肉の緊張を和らげる働きもあり、震えにも効果を発揮します。

あと抑肝散加陳皮半夏・抑肝散の違いですが、一般的に抑肝散の方が強いです。ただ効果が強い胃腸が弱いひとは注意が必要です。抑肝散加陳皮半夏の方が胃腸にやさしく、胃腸が弱い方には抑肝散加陳皮半がおすすめです。

抑肝散の方が一般的に効果は高いですが、抑肝散加陳皮半夏の方が効くという場合もあります。どちらも飲んでみて体に合う方で続けてみることをおすすめします。

ちなみに僕の場合は市販薬の中では抑肝散加陳皮半夏・抑肝散が一番効果を感じました。これを飲むを特に手の震えが収まる感じがします。

神経質でイライラしやすいあがり症の方は抑肝散化陳皮半夏・抑肝散を試してみてくださいね!

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯は脳内のセロトニン量を増やしてあがり症の不安感を下げます。

セロトニンは幸せホルモンともいわれ、分泌が少なくなると不安感を感じやすくなります。

柴胡加竜骨牡蛎湯は漢方薬のSSRIのようなイメージです。

※SSRIはセロトニンの量を増やす働きをする西洋薬です。抗うつ剤、不安障害に使用されます。

効能・効果
体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘

出典;【漢方解説】柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)|漢方セラピー|クラシエ (kracie.co.jp)

注意点としては胃腸弱い人が柴胡加竜骨牡蛎湯飲むと下痢になることがあります。

ちなみに僕は少し下痢っぽくなりました。。

ただ古くからある漢方の精神安定剤であり、しっかり研究されているものです。

また、頻繁に使用される漢方薬でもあります。

胃腸が強くてあがり症の不安があるという方は是非試してみてください。

半夏厚朴湯

喉に違和感のある場合に使われる漢方の精神安定剤の一つです。

ストレスがたまって喉に違和感や食欲不振がある方におススメです。

効能・効果
体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、のどのつかえ感

出典;【漢方解説】半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)|漢方セラピー|クラシエ (kracie.co.jp)

半夏厚朴湯はストレスで特に胃腸などの消化器が悪くなる方におすすめの漢方です。

半夏厚朴湯がピッタリの人だと緊張する場面の一時間くらい前に半夏厚朴湯を飲むと緊張しなくなるっていうケースもあります。

ちなみに僕の場合はあまり即効性を感じませんでした。

二週間くらい飲んで少し緊張の症状が和らいだかな?といった程度でした。

半夏厚朴湯はストレスで喉に違和感があったり、食欲不振になる神経過敏なあがり症の方におすすな漢方です。

救心

救心は心臓のドキドキ感に効果ある薬です。

CMでもおなじみ きゅーしん きゅーしん♪の救心です。

動機・息切れ・きつけに効果があり、心臓のドキドキを抑えてくれる効果があります。

救心のホームページにはこんな記載があります。

こんなときにお試しください
面接や試験、会議や挨拶などで緊張してあがる、ドキドキする、胸苦しくなる…

出典;こんなときにお試しください | 「救心」について | どうき・息切れ・気つけに – 救心製薬株式会社 (kyushin.co.jp)

救心はあがり症の症状に効果を発揮しそうですね!

ちなみ僕の飲んだ感じは効いているような効いていないような。。。感じでした。

緊張し過ぎて倒れて保健室に運ばれるレベルのあがり症だと少し効果は薄い感じがしました。

ただ、人によっては救心が手放せなくなる薬のようです。

昔からあって売れ続けているロングセラーになりますので、試してみる価値ありです!

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は手の冷えに効果のある漢方です。

緊張して手が冷えてカチカチになるという人におススメです。

手先を使う仕事で緊張して手先が冷たくなって動かなくなるのが怖い。。。という方におススメです。

効能・効果
体力中等度以下で、手足の冷えを感じ、下肢の冷えが強く、下肢又は下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:冷え症、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛

出典;【漢方解説】当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)|漢方セラピー|クラシエ (kracie.co.jp)

当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲むことで手先がとっても冷たくなっているのが、じんわりと温かくなります。

実際に当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲んだ感想としては30分くらいで手がじわーと温まってくるのを感じました。

手を暖めるとリラックスできるので緊張して手が冷たくなって、動かなくなるのが怖いっている方は試してみてください!

番外編! 飲み薬以外で効果を実感したもの

飲み薬以外で効果を実感したものを別記事でお話しています!

興味があればどうぞ!

あわせて読みたい
あがり症の対策【ツボ】 ツボを押してリラックス こんにちは、めっしーです。 今回はあがり症に効くツボのひとつ【神門】についてお話します。 【心臓のドキドキに効くツボ【神門】】 神門というツボは心臓のドキドキに...
あわせて読みたい
あがり症・緊張による【手の震え】にはホッカイロ こんにちは、めっしーです。 今回は即効性があって簡単な緊張対策のホッカイロについてお話しします。 【手の震えにはホッカイロが効果的!】 身近にあるもののなかであ...

まとめ

〇抑肝散加陳皮半夏、抑肝散は神経過敏でイライラするあがり症におすすめ!
〇柴胡加竜骨牡蛎湯は漢方のSSRI、セロトニンを増やして不安感を下げる効果あり!
〇半夏厚朴湯はストレスで食欲不振になる神経質なあがり症の方におすすめ!
〇救心は心臓のドキドキに効果あり、緊張する場面で使ってみて!
〇当帰四逆加呉茱萸生姜湯は手先の冷えが気になる方におすすめ!

PS;根本的な体質改善をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい
あがり症には【ヨガ】がおすすめ 緊張が武器になる! こんにちは、めっしーです。 今回のテーマはあがり症対策でイチオシのヨガについて 取り上げてみたいと思います。 僕はヨガに出会って人生変わりました。毎日少しずつヨ...
あわせて読みたい
行動すればあがり症は良くなる! こんにちは、めっしーです。 今回のテーマはあがり症と上手くつきあうために必要な “行動力”というテーマについてお話します。 【あがり症と仲良くなれる人はどんな人?...

*アガラン錠、イララックは僕の住んでいる田舎だと見たことがありません。。通販で買える薬として別記事で取り上げる予定です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる