あがり症に【即効性】のある漢方”牛黄清心元”

こんにちは、めっしーです。

今回はあがり症におススメな漢方・生薬シリーズです。

あがり症に効果があり、すぐ効く牛黄清心元を取り上げてみます。

目次

あがり症に即効性のある漢方”牛黄清心元”

牛黄清心元はあがり症にめっちゃくちゃ効きます。

大勢の前で話したり、プレゼン前に飲むと

緊張による心臓のバックバク感、声、手足の震え、もうかなり少なくなります。

簡単にいうと”救心”の超強力バージョンです、

でかい救心といった感じでしょうか。

例えば、心臓ドキドキに効く牛黄という成分ですが、救心が一粒1mg以下に対して牛黄清心元が30mgと30倍以上

そりゃあがり症に効くわーといった感じです。

牛黄清心は超あがり症で苦しんでした僕にとっては救世主でした。

小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを起こす、

歌のテストで緊張のため声がでないパニック、保健室に搬送、

入試のときに緊張しすぎてまともな文字が書けない、

健康診断ですら緊張しすぎて、頻脈、高血圧の再検査、

心療内科、精神科にいった方がいいんじゃないか

ひどいあがり症で生きにくい、将来が不安でたまりませんでした。

こんなひどいあがり症と一生過ごすかと思うとウンザリしていました。

ネット検索であがり症に効くものを探しているところで漢方が効くというのを見つけました。

近所の漢方薬局を探しました。

藁にもすがる思いで漢方薬局に行きました。

そこで紹介されたのがこの”牛黄清心元”です。

漢方なんて長く飲み続けないと意味がない、すぐ効果なんてでるわけない。高いし使っても一回限りかな。。

ダメもとでこの牛黄清心元を大勢、100人以上前で話す機会があったのでそのタイミングで飲んでみました。

確かにははじめは少し緊張しました。

が、

いつものような足、手の震えがない

心臓のドキドキが心地よい

漢方ってこんなにすぐ効くものなんだ!

半信半疑で使い始めた牛黄清心元でしたが、あがり症、緊張による心臓のドキドキ、足の震えはとても少なくなり、人前で話すのが楽しいとすら思えました。

もっと人前にでたい

人に注目されるが気持ちいい

そんな感情すらめばえました。

一番大切なのはヨガなどで深い呼吸をする土台作りが大切です(ヨガをすることであがり症が武器になる)。

ただ効果を実感するまでに1か月から3か月程度かかるのは事情です。

ほんとにすぐにあがり症による心臓のドキドキ、震えをなんとかしたいという方におススメです。

牛黄清心元で一番のデメリットは高いという点です。

ネットでは5000円、僕が買っている漢方薬局では4000円弱

僕的にもお財布の中身を考えると高いなと思っています。

ただ、効果があまりにも絶大なのでここぞというとき、大勢の人の前にでるときは買っています。

あがり症からの恐怖感、気持ち悪さが少しでもなくなれば安いものと思って購入しています。

一回で全部使うのはお金的に厳しいというときは

1/8カットや1/4カットで使ったりもします。

はじめは1/8カットから初めて体に合う量を見つけるのが良いと思います。

小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを起こす、

歌のテストで緊張のため声がでないパニック、保健室に搬送、

入試のときに緊張しすぎてまともな文字が書けない、

健康診断ですら緊張しすぎて、頻脈、高血圧の再検査、

心療内科、精神科にいった方がいいんじゃないかとまで考えた

これほどの悩んでいた超あがり症だった僕が牛黄清心元と出会って人前にでる楽しさを味わうことができました。

今でも信じられません。

牛黄清心元、値段が高いのは確かですが、

あがり症、緊張の心臓のドキドキ、手足の震え、声の震えが辛い、人前にでるのが怖くてたまらない

そんな人にはぜひ試して欲しい漢方です。

あがり症、緊張の心臓のドキドキ、手足の震え、声の震えが辛い、人前にでるのが怖くてたまらないそんな気持ちがかなり和らいで人前にでるのが楽しかったと思えると思いますよ。

牛黄清心元を飲んであがり症と克服しましょう

そして人前にでるのが楽しかったと思えるようになりましょう。

※1:自然薬ではありますが医薬品ですので漢方薬局で説明を聞いたうえで使ってみてください。

※2:牛黄のとれる量が減って値上がりしつつあるそうです。本当にここぞというときにつかってみてください。

PS;根本的な体質改善をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

⇒あがり症には【ヨガ】がおすすめ 緊張が武器になる!

⇒行動すればあがり症はよくなる!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる