あがり症の【面接対策】 あることをすれば緊張はほぐれる!?

こんにちは、幼いころから超あがり症のめっしーです。

あがり症の人にとって面接は人生で最大レベルのつらいイベントだと思います。

面接での緊張対策にはどのようなものがあるか?

面接ではどんなことに注意したらいいのか?

即効性のあるおすすめな緊張対策は?

この記事を読むことであがり症の人にとって人生最大レベルのつらいイベントである面接をしっかり乗り越えられるようになります。

目次

あがり症であることを面接官に正直に話してみる

面接官にあがり症であることを正直に言うとあがり症の症状がでにくくなります。

あがり症の人は頭が真っ白になってどうしようもなくなったり、顔が赤くなったり、手が震えたり、そういうダメな自分を見せることに対してとても恐怖感があります。

そしてダメな自分を見せないように見せないようにと考えるとますます恐怖感が膨れ上がってあがり症の症状がひどくなってしまいます。

その対策として面接官にあがり症であることを伝えます。

あがり症であることを理解してもらうと、ダメな自分を見せても良いんだと思うことができます。すでに面接官はダメな自分を知っているわけですからね。

ダメな自分を見せても良いんだと思うことで恐怖感が減り、あがり症の症状が和らぐというわけです。

あと、あがり症だと伝えることで面接官に自分が緊張して頭が真っ白になって話しの内容がしどろもどろになったとしても、『緊張しているのかな』と理解してもらえるメリットもあります。

ちなみにあがり症だということを告白しても結果にはほとんど影響しません。

人事担当者10人に話を聞いた所、意外にも「あがり症だからと面接で落としたことはない」という回答が9割でした。(10人中9人)

出典;あがり症で面接は落ちる?面接で緊張しないための5つの方法|職業人図鑑 (shokugyoujin-bible.com)

こんなデータもありますので、あがり症であることをカミングアウトして、しっかり自分をアピールできるする方が上手くいくんじゃないかな?と思います。

軽度を含めれば日本人の8割があがり症なんていわれますし、あがり症であるこに共感してくれる面接官も多いかもしれません。

面接の初めの段階であがり症であることを面接官に伝えてみてはいかがでしょうか?

あがり症の症状が和らいでリラックスして面接を受けることができます!

面接前に腹式呼吸をする ただし吐くときもお腹は膨らませる!

面接前に腹式呼吸をすることでリラックスできます。

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸の二種類があります。
胸式呼吸は息を吸うときにお腹がへこみ、腹式呼吸ではお腹が膨らみます。

リラックスに効果のあるのは息がを吸うときにお腹が膨らむ腹式呼吸の方です!

一般的に、お腹が引っ込む呼吸、胸式呼吸をする人の割合が多いと言われてます。
でも胸式呼吸をすると緊張を促す交換神経が働きやすく、あがり症がひどくなります。

逆に腹式呼吸の場合はリラックスを促す副交感神経が働いて、リラックスできるというわけです。

ここで腹式呼吸をさらに効果的にする方法があります。

息を吐くときもお腹を膨らませます!

これを逆腹式呼吸法といいます。

息を吐くときにお腹を膨らませると重心が下がります。

息をすべて外に出すのではなく、空気をお腹に入れて風船のようにパンパンにする感じです。

緊張すると重心があがって声が裏返ったり、落ち着かない感じになります。

息をお腹に入れることで重心が下がり、緊張して声が裏返ることを予防したり、体全身がどっしりすることが気持ちが落ち着いてきます。

腹式呼吸の最大の利点は横隔膜を大きく使うことにありますが~(省略)~息を丹田の部位に押し込めることによって~(省略)~重心もより低くすることができます。

出典;丹田を作る!丹田を使う! 吉田始史著

*丹田とはおへその下に指四本分ぐらいのところある、気が集まっている場所のことです。

少し難しいですが、逆腹式呼吸は丹田というところに空気を送ってあげる感じです。

吐くときに息をお腹を膨らませて風船のようにパンパンにすることで、体がどっしりとして気持ちが落ち着きます!

超あがり症で腹式呼吸だけじゃものたりないっていう人は逆腹式呼吸を試してみてください!

面接練習をしっかりする! 前準備があがり症の面接対策のカギ

あがり症であればあるほど面接前の準備がとっても大切です。

一番大切なのは面接練習を何度も何度もする
ということです。

面接練習というのは未来のイメージをより鮮明にする作業になります。

緊張というのは未来のイメージが曖昧だとおこるものです。
イメージがない、知らないところに行くっていうのは誰しも怖いですからね。

まずは面接を受ける会社のリサーチがとっても大切です。

リサーチを徹底することで面接を受ける会社のイメージが鮮明になってきます。

面接を受ける会社について知れば知るほどイメージが鮮明になり、面接という未来への不安が和らぎます。

そして、面接のシミュレーションを何度も行います。

入室から退室まで、、

話す内容も自己紹介、経歴、自己PR、、

できるだけ細かくすると良いです。

イメージが鮮明になればなるほど、未来の不安が消えて、面接に対する恐怖感がやわらぎますからね!

そして緊張した場合も想定して緊張したらどうするかも徹底的に考えてみてください。

緊張して声が震えた→腹式呼吸をやってみる→それでもダメなら面接官の顔を観察してみる→それでもダメなら。。。

という感じです。

緊張しながら考えることはできないと言われています。

しっかり考えることであがり症対策にもなります。

準備というのは未来のイメージをより鮮明にする作業になります。

『準備をしっかりして未来を鮮明にイメージできればあがり症でも面接は大丈夫です!』

面接本番で気をつけること! これをすればリラックスできる

面接本番で気をつけることは

動作をゆっくりする!

です。

面接室に入るドアを開けるところから、お辞儀、話すときもゆっくり話すように心がけます。

ゆっくり動くことで、最も影響を受けるのは「呼吸」です。自律神経は交感神経と副交感神経の2つから構成されていますが、忙しくストレスの多い現代人は交感神経優位になりがちです。その結果、血液循環や臓器の機能が低下し、全身が疲れやすいという人が多いです。そうならないためには、動きを「ゆっくり」にして呼吸を深くして、副交感神経を高めることが重要なのです。

出典;「ゆっくり動く 」は最高の健康法 – 月刊誌コンテンツ|医道の日本社 (idononippon.com)

ゆっくり動くことで呼吸が整います。

そして呼吸が整うことでリラックスに影響する副交感神経が優位になってリラックスできる、というわけです。

緊張するとどうしても動作が早くなったり、話すスピードも速くなりがちです。

心臓のバクバクにどうしても動作が連動してしまうんですね。

体と心はつながっていますので、

動作をゆっくりにすることで心が落ち着いてきます。

ちなみに僕も緊張すると猛烈な速度で話してしまいます。。。

でも動作をゆっくり、ゆっくり話すことに意識をむけるとどんどん落ち着いてくるのがしっかりと感じられます。

面接本番では動作をゆっくりを心がける! ゆっくり動けば緊張はほぐれますよ!

面接前には体を動かす! 体をほぐせば心もほぐれる!

面接前に体を動かせばリラックスできます。

心と体はつながっています。

体を体を動かしてゆるめることで心もリラックスすることができます!

心が緊張しているときは体も緊張でガチガチです。

心の緊張をとるのはどうしようもないですが、体の緊張をとるのは意識すればできます。

一番簡単で効果のあるのは肩回しです!

緊張しているときに、一番力が入りやすいい部分が方です。だから、肩をほぐすの『あがり』解消には一番効果的です。

出典;あがり症克服の教科書

肩回しはとっても簡単でどこでもできる、そして即効性もあります!

心と体はつながっています。

心の緊張をとるのは難しかったりしますが、体は意識すれば力を緩めることができます!

面接前に肩回しをして体をほぐしてから面接に向かいましょう!

まとめ

〇あがり症であることを面接官にカミングアウトしてみる
〇面接前に逆腹式呼吸をする、息をお腹にいれてパンパンに
〇面接練習をしっかりする、イメージが鮮明になれば緊張しにくい
〇面接本番ではゆっくり動く、ゆっくり動くことで副交感神経が活性化しリラックス
〇心と体はつながっている、体をほぐして面接に臨もう

あがり症でもしっかり対策をとれば大丈夫です!

緊張して倒れて保健室に運ばれるぐらいの自分も通った道ですので!

ぜひ良い結果になることを祈っています! 頑張ってください!

PS;根本的な体質改善をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

⇒あがり症には【ヨガ】がおすすめ 緊張が武器になる!

⇒行動すればあがり症はよくなる!]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる