あがり症の性格は【短所】? 周りに家族、友達がいるならあがり症はあなたの長所!

こんにちは、めっしーです。

今回はあがり症の性格は短所か?についてお話します。

目次

あがり症はあなたにとって短所?

あがり症は短所か?

あがり症は短所でもあり長所です!

近くに友達や友達がいるなら大丈夫です。

どんなにあがり症で、緊張して、大失敗しても、

緊張して声がでなくても、

緊張して手が震えまくって文字が書けなくなっても、

緊張すぎてパニックになって倒れても、

周りに友達、家族がいるのであれば大丈夫です。

なぜならあがり症のあなたの中に長所をみつけたからこそ、好きで近くにいるからです。

あがり症で苦しんでいても周りに友達、家族がいるってことはあがり症が長所として働いている可能性が高いですよ!

あがり症の人の長所は?①⇒感受性が豊か

たとえばあがり症の人はとっても感受性が高いな人が多いです。

僕も感受性が高くて感動系の映画なんてみたらボロボロ泣きますし、

先日参加した遠い親戚のお葬式(ほとんど面識がない方)に参加したとき、我慢しているのか泣いている人が少数の中、僕は一人で号泣したりとか、

もう、感受性がめちゃくちゃ高いです(笑)

僕はめちゃくちゃ繊細なんでちょっとしたことで心が動きます(笑)

でもこれだけ感受性が高いと人の心を読むのが得意だったりします!

この人はこんなことを感じてるなとか、

この人はこんなことをやって欲しいんだなとか、

結構わかります。

あがり症の長所である感受性が高く、繊細な部分が働いているからこそ人間関係がうまくいっているっていう場合もあります!

あがり症じゃなかったらどうなるか?

感受性が低くて、ガサツだったらどうなるか?

いろんなことに心が動かなくてつまらない人生になるかもしれない、

人のことを考えられなくて自己中心的な行動をとってしまい、いろんな人に迷惑をかけるかもしれない、、

必要だからあがり症なんです!

あがり症がなかったら人間関係とか上手くいかないって頭が判断しているから緊張しいんです!

あがり症の人の長所は?②⇒努力できる!

あとはあがり症の人はめちゃくちゃ努力ができます。

人前に出るのが怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて仕方ないです。

笑われたらどうしよう、とか失敗したらどうしようとか不安でどうしようもない感情でいっぱいになります。

この恐怖感、不安な感情をなくすために人間はどういう行動をとるのか?

めちゃくちゃ準備したり、努力したりします。

恐怖感や不安感をなくすために努力せざるを得ないなわけです。

あがり症の人でも成功する人はたくさんいます。

例えば歌手のレディー・ガガさんなんかはあがり症みたいです。

レディー・ガガさんはリハーサルを他の歌手と比較にならないぐらいするそうです。

あがり症が努力するエネルギーになるってことです!

あがり症じゃなかったらどうなるか?

人前なんて全然怖くないー

人にどう思われたっていい、笑われたっていいし、失敗してもいいー

こんな感じだと準備もしないし、努力もしません。

あがり症じゃなかったら人間としてまったく成長できません。。。

人間は成長したいっていう本能があります。

成長するために脳があがり症をなくさないのかもしれません。

脳が必要と感じたからあがり症という状態をつくったのかもしれません。

成長がとまったら人間は滅んでしまうかもしれないですからね。

あがり症は短所か?

あがり症は短所でもあり長所です!

生きるために必要だから、人間関係に必要だから、成長するために必要だからあがり症なんです!

PS;根本的な体質改善をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

⇒あがり症には【ヨガ】がおすすめ 緊張が武器になる!

⇒行動すればあがり症はよくなる!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる