あがり症の対策【ツボ】 ツボを押してリラックス

こんにちは、めっしーです。

今回はあがり症に効くツボのひとつ【神門】についてお話します。

目次

心臓のドキドキに効くツボ【神門】

神門というツボは心臓のドキドキに効果があります。

神門は心臓の神経とつながっており、このツボを押すことで心臓のドキドキが収まります。

また、神門のツボはストレス低減効果があり、心安定とリラックスに効くと言われています。

僕は人前にでる時、心臓がバクバクして死にそうになります。

本当に死ぬんじゃないか、

心臓が耐え切れなくなって止まるんじゃないかと思うぐらい心臓がバクバクします。

心臓がバクバクしすぎて声もでなくなるし、気持ち悪くなったり

心臓がバクバクしすぎて吐き気がでるときもあります。

そんなときはこの神門というツボを押します。

僕は緊張する場面にいくときは深呼吸をしながらこの神門のツボを数回押します。

するとだんだん落ち着いてきて心臓のドキドキが収まってきます。

呼吸を吐くタイミングで神門のツボを押す感じです。

こうすることで心臓がバクバクして死にそうという感じを軽くすることができます。

神門というツボは心臓のドキドキに効果があります。

緊張する場面とか心臓がバクバクする場面に遭遇したら神門のツボを押してみてください!

ツボ【神門】はどこにあるか?

心臓のドキドキに効くツボ【神門】はどこにあるのでしょうか?

左手だと手のつけ根のしわのとこから右にいくと骨があると思います。

その骨の手前のくぼんだところが神門です!

↑上の:写真の×印あたりです。

穴があいている隙間みたいな感じのところです。

神門のツボは緊張による心臓のバクバクで死にそうになるのに効果があります!

自分の手で神門の場所を探してみてくださいー

ツボの刺激におすすめ【おきゅごう】

この神門というツボをずっとツボを刺激し続けると心臓のドキドキに効果があります。

でも人前で話すときにツボを押し続けるってことは難しいと思います。

そこで神門を数時間刺激し続けてくれる【おきゅごう】というグッズを紹介します。

神門の場所におきゅごうを貼っておくと、数時間ずっと神門を刺激してくれます。

おきゅごうをつけている時間はずっとツボが刺激されて、心臓ドキドキを抑える効果がでるわけです!

↓こんなヤツです。

おきゅごうはお灸を簡単にしたシップのようなものです。

このおきゅごうを神門のツボに貼ることでずっと刺激し続けてくれます。

おきゅごうを貼る神門のツボに貼ることで自分の手で押すことなく、神門の心臓のドキドキ感を軽くする効果、リラックス効果を出すことができます。

おきゅごうは近くのドラックストアにも売ってますし、値段も1000円以下でお手頃です。

僕は大勢の人前で話したり、お偉い人の前でプレゼンしたり、

人前で演奏する機会があるときにはこのおきゅごうを神門のツボに貼っています。

↓こんな感じに神門の場所におきゅごうを貼ります(シップみたいなやつです)

すると、お灸のようにおきゅごうが神門をジーンと刺激し続け、心臓のドキドキ感がかなり収まります。

心臓がドキドキしすぎて死にそう、

心臓が飛び出して死にそう、ドキドキに耐えれなくて心臓が止まりそう、

心臓がバクバクして死ぬんじゃないか、

おきゅごうを神門のツボに貼ることでこんな辛い感情を軽くすることができます。

おきゅごうは値段もお手頃なので人前で話したり、緊張する場面で使ってみてくださいね!

神門というツボは心臓のドキドキに効果があります。

神門は心臓と繋がっているツボですからねー

心臓がバクバクして死にそうなときは深呼吸しながらこの神門というツボを押してみてください!

PS;根本的な体質改善をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

⇒あがり症には【ヨガ】がおすすめ 緊張が武器になる!

⇒行動すればあがり症はよくなる!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

病的なあがり症×元パニック障害×アマオケ主席奏者/歌のテストで緊張しすぎて倒れ、保健室に搬送/小学校のリコーダーのテストで緊張のあまりリコーダーを落とした経験/なのにヴァイオリンを始める→プロを輩出する門下で学ぶ、ヴァイオリン大好き→緊張で人前で演奏できない→試行錯誤→本来の演奏ができつつある→さらに研究中(←今)/緊張で悩む演奏家のブログ【ヴァイオリンと緊張のためのソナタ】を運営/Twitterではあがり症に役立つ内容を発信(@messi_agarisyo)/めっしーの詳細なプロフィール記事はこちら/JADP認定マインドフルネススペシャリスト

コメント

コメント一覧 (1件)

薬局で手に入る【あがり症】に効く薬 効果について徹底解説! | あがり症は友達 へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる